受付時間

腰椎椎間板ヘルニア

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 強い腰痛、片方の下肢に痛みやしびれがある
  • 前屈すると痛みやしびれが増す
  • くしゃみや咳でも腰が痛む
  • 足の感覚が鈍い
  • 足首に力が入りづらくなり、つまずきやすくなった

腰椎椎間板ヘルニアとは|よしだ鍼灸整骨院 西明石院

腰椎椎間板ヘルニアとは、重い物を持ち上げた時やスポーツ活動、さらには加齢に伴う椎間板の変性などで起こります。他にも遺伝、ストレス、社会的側面も関連しているとされています。

背骨を正しくは「脊柱」と呼び、積み木のように椎骨という骨が積み重なっています。椎骨は前方の椎体と後方の椎弓から構成されていて、椎体が積み木の部分で椎弓はその後方にアーチ状に付いています。

椎体と椎弓の間を椎孔と呼び、各椎骨が連結することで脊髄を通す「脊柱管」を構成しているのです。椎骨の椎弓との間には椎間孔という脊髄神経を通す孔が作られます。そこで、何らかの理由で椎間板組織が椎体の後方にある脊柱管内に突出し、神経根を圧迫する事で腰から下肢への痛みなどを引き起こすのです。

腰椎椎間板ヘルニアが改善しない理由とは?|よしだ鍼灸整骨院 西明石院

・腰から下肢にかけての筋肉のこわばりを放置

・体幹や下肢筋力の低下

・神経の圧迫する姿勢やクセの持続

・激しい運動、運搬等での腰部へ負荷

 などが改善しない理由として挙げられます。

それらを放置することで、腰や下肢の痛みやしびれが増すだけでなく、次第に歩行困難や排尿障害まで起こしてしまいます。

そうなると手術しかないのでしょうか?

それは違います!

体内の免疫細胞である貪食細胞(マクロファージ)により、突出してしまった椎間板組織のほとんどは、実は3カ月程度で消失するとされています。

もちろん個々の症状や状態によってまちまちですが、手術自体のリスクも考慮すると、現在において腰椎椎間板ヘルニアの治療は、「保存療法」と呼ばれるできるだけ手術をしない治療法がメインとなっているのです。

当院での腰椎椎間板ヘルニア治療法|よしだ鍼灸整骨院 西明石院

当院では、

・痛みの元となっている筋肉のこわばりを取り除く

・体幹や下肢部の筋力強化を行うとともに、神経伝達や筋肉の反応を上げることで痛みをぶり返しにくい身体づくりをします

・神経を圧迫する原因となる姿勢改善をご指導致します。

当院では、痛みの解消だけに留まらず、筋肉や骨格のバランスを整える事で、術後の再発を予防しております。この際に、腰痛に負けない身体づくりに取り組みましょう。

※急激に進行する運動麻痺や膀胱・直腸障害の場合は緊急手術が必要であり、スポーツ選手等の早期の現場復帰などの場合にも手術が適応されます。

執筆者:
柔道整復師 よしだ鍼灸整骨院西明石院
院長 吉田炳浩 

よしだ鍼灸整骨院、院長の吉田です。
歪みがあるとケガの原因にもなります。スポーツに限らず日常生活での姿勢や痛みの原因を究明し、身体を根本から整えましょう!お身体のお悩みは当院にお任せください。

お問い合わせ

よしだ鍼灸整骨院

TEL

住所
兵庫県明石市西明石北町3-1-10 三宝第一ビル 1階
駐車場
駐車場完備

受付時間