受付時間

腰部脊柱管狭窄症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 歩いていると、次第に下肢の痛み、痺れ、こわばりなど出て歩くことが出来なくなる
  • 腰を後ろに反らすと下肢にかけての痛み、しびれが増す
  • よく夜間に「こむら返り」を起こす

腰部脊柱管狭窄症とは?|よしだ鍼灸整骨院 西明石院

腰部脊柱管狭窄症とは、腰椎の神経の通り道である脊柱管が、加齢や何らかの原因(脊椎の変性や変性すべり症)により、管が狭くなることで神経を圧迫したり血流の阻害が起こり、その結果として坐骨神経痛の症状、痛み、痺れ、冷感、膀胱直腸障害等などが出現します。

 特徴としては、前屈(前かがみ)姿勢をとることで症状が楽になり、腰を後ろに反らすと症状が悪化します。さらに、歩いていると下肢の痛み、痺れ、つっぱり感等が出て歩くことが出来なくなります。少し、前かがみになり座る等の休息を挟むことで症状が軽減して、再び歩くことが出来るようになる「間欠性跛行」などがあります。

 同様の症状を持つ疾患に、「閉塞性動脈硬化症」、「閉塞性血栓性血管炎」などの下肢の血管性によるものがありますが、こちらは前かがみ姿勢をとっても症状に変わりはありません。

腰部脊柱管狭窄症の症状が治らない理由とは?|よしだ鍼灸整骨院 西明石院

それは、

・腰~下肢にかけて固くなってしまった筋肉を放置している

・体幹および下肢筋力の低下(弱体化)

・神経を圧迫しやすくしてしまう姿勢の持続

 などで改善どころか悪化する場合もあります。

放置して進行すると、連続して歩行出来る距離や時間が短くなっていきます。

中には50メートルも歩かないうちに症状が強く出て歩けなくなったり、数分程度立っているだけでも症状が現れる場合もあります。さらに放置することで、徐々に下腿の筋肉が萎縮して歩行障害などが起きることもあります。

ほかにも、馬尾神経の症状として会陰部のしびれ感、灼熱感が出たり、男性では間欠性跛行と同時に、疼痛を伴う陰茎勃起(間欠性勃起)が起きることもあります。

腰部脊椎管狭窄症の治療法|よしだ鍼灸整骨院 西明石院

そこで当院の施術は、

・痛みの原因(根本)となっている硬くなった筋肉をほぐす

・体幹や下肢部の筋力の強化

・続いて神経伝達や筋肉の反応を上げる

の順で進みます。

ここまでくると痛みはかなり抑えられているはずです。

しかし、当院ではさらにそこから一歩踏み込んで

・痛みを起こしにくい動作改善

・神経の通り道を狭くする姿勢改善の指導

を取り入れております。

そうすることで、術後も痛みや症状をぶり返さない姿勢や体勢が身に付くのです。 

日頃から様々な不調を感じているあなた、この際に筋肉と骨格のバランスを整え、痛みをぶり返さない身体を手に入れせんか?

執筆者:
柔道整復師 よしだ鍼灸整骨院西明石院
院長 吉田炳浩 

よしだ鍼灸整骨院、院長の吉田です。
歪みがあるとケガの原因にもなります。スポーツに限らず日常生活での姿勢や痛みの原因を究明し、身体を根本から整えましょう!お身体のお悩みは当院にお任せください。

お問い合わせ

よしだ鍼灸整骨院

TEL

住所
兵庫県明石市西明石北町3-1-10 三宝第一ビル 1階
駐車場
駐車場完備

受付時間