受付時間

野球肩

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 投球時にボールが指先から離れる時に痛みがある
  • はじめは投球時に痛むが、投げているとなくなる
  • 翌日に肩の後ろが痛い
  • 肩が上がりにくい時がある
  • テニスのサーブ時に肩に痛みがある

野球肩は小・中学生年代に起こりやすい|よしだ鍼灸整骨院 西明石院

野球肩とは、ボールを投げる動作に伴って肩関節周辺に発生する痛みの総称で、投球障害肩ともいわれます。野球の投手に多くみられる症状ですが、テニス、バレーボール、ハンドボール、やり投げなどの競技でも発症します。

主な原因は、骨格や筋肉が完成しない状態(小・中学時代)での使いすぎといわれています。

何度も繰り返し投げることで、未発達の筋肉や靭帯が悲鳴を上げてしまうのです。ですが、同じ練習量をこなしていても肩を痛める人とそうでない人がいます。その違いは、ピッチングフォームにあります。

【肩を痛める人の原因】

①投球時に「体幹」がぶれている
②同じく肩が「下がって」いる
③同じく肘が「捻れ過ぎ」ている
④ボールが指先から離す「ポイント」がずれている
⑤練習しすぎて肘に「負担」がかかっている

などが挙げられます。

野球肩を放っておくとどうなるの?|よしだ鍼灸整骨院 西明石院

放置することで、徐々に筋肉や関節内のクッションまたは骨に異常をきたします。

具体的には、棘上筋腱炎、上腕二頭筋炎、インピンジメント症候群、滑液包炎、上腕骨骨端線傷害(リトルリーグショルダー)になどです。これら全ては成長期に重なりやすく、筋肉や健が完成しない段階で、繰り返し間違ったフォームで投げることで負担が溜まり、その結果肩を痛めてしまいます。

主に肩甲骨周囲の筋肉・靭帯・回旋腱板のローテーターカフに炎症が起きろことが特徴で、肩の可動域を狭くしてしまいます。

当院の野球肩への治療法|よしだ鍼灸整骨院 西明石院

当院では、痛みが出ている肩のみにアプローチするのではなく、痛みを引き起こしている【根本原因】を見つけ出すことから始めます。その原因を解消するだけではなく、大事になってくるのがアフターケアやストレッチ、インナーマッスルの強化です。

一般的な施術では、どうしても痛みがでている箇所だけに着目してしまいがちで、根本改善を図らないと治りが遅れたり、再発しやすくなります。

【痛みを取るための注意点】

①肘は正しい位置にあるか
②身体の向き(体感)はズレていないか
③体幹のブレの有無
④上半身を支える下肢の筋肉が十分か

など、様々な観点から詳細に確認していく事を心掛けて施術にあたっております。

痛みはあるが、骨には異常が見られない場合では、治療を受けながら練習をする事も可能です。

痛みがでたら出来るだけ早めに治療を受けて下さい。一緒に早期回復・早期復帰を実現しましょう!

執筆者:
柔道整復師 よしだ鍼灸整骨院西明石院
院長 吉田炳浩 

よしだ鍼灸整骨院、院長の吉田です。
歪みがあるとケガの原因にもなります。スポーツに限らず日常生活での姿勢や痛みの原因を究明し、身体を根本から整えましょう!お身体のお悩みは当院にお任せください。

お問い合わせ

よしだ鍼灸整骨院

TEL

住所
兵庫県明石市西明石北町3-1-10 三宝第一ビル 1階
駐車場
駐車場完備

受付時間